Doorkeeper

7/14(金)ミャンマー音楽の謎めいた世界へ in 札幌

2017-07-14(金)19:30 - 22:00

ト オン カフェ

札幌市中央区南9条西3丁目2-1マジソンハイツ1階 (地下鉄南北線「中島公園駅」より徒歩2分)

岡林 利郎 Kazuhiro Sasaki Kazuya  Kobayashi Eriko Kawamura 田村 亮子 tamari masakazu Akihiko Matsuyama + 6人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

2,000円 会場払い
1ドリンク付

2017年7月14日(金)OPEN 19:15 START 19:30

【申し込み・お支払い方法】
上記の「申し込む」ボタンよりご予約をお願い致します。お申し込み後、登録されたメールアドレスにQRコード付きのチケットが届きます。当日は会場受付にて、そのチケットを携帯電話等で提示、またはプリントアウトをお持ち頂きます様にお願い致します。同時に会場受付にて、入場料金(現金のみ)をお支払い頂きます。
※申し込み時の注意:イベントの参加者リストに名前の公開/非公開が選択できます。
http://support.doorkeeper.jp/article/67-hide-participation

=====================

『西洋音楽から最も離れた位置にあるミャンマー音楽。日本ではあまり知られていないジャンルですが、独特に進化したそのスタイルは奇妙かつ美しくあります。今まで日本でミャンマー音楽を紹介する時はワールドミュージックの文脈で語られることがほとんどでしたが、それはあまりにも惜しい。その独自性はテクノ/プログレ/現代音楽にも通じます。ミャンマーに2回渡航し現地調査を行った村上巨樹が、レコード、カセット、CD、映像と各種流しながらその魅力を紹介します』(村上巨樹)

村上巨樹(ギタリスト/作曲家/自主レーベル CADISC 主宰) ウェブサイト http://cadisc5.tumblr.com
1982年岩手県花巻市生まれ。現在同市在住。作曲ソフトウェアのバグを利用し、楽理上あってはならないリズムを追求している。2001年から11年間、東京を拠点にライブやイベント企画等を行う。(te_ri/デストリオ/石割桜/村上と千づ)2012年からは故郷である岩手県花巻市に移住。放浪芸や職業芸を追った本「芸事のありか」が最新作。ミャンマー音楽研究中。

コミュニティについて
藝能現代 GEINOH*GENDAI

藝能現代 GEINOH*GENDAI

■主催・企画イベント、展示の告知、参加ご予約 http://twitter.com/geinohgendai http://www.facebook.com/geinohgendai ▶︎ご予約受付中の企画イベント TBD ▶︎2018年 11/13 ファイヤー・ヨーコ SHOW in Susukino ▶︎2017年 11/25 櫛野展正トークライブ『アウトサイド探訪録』 11/2 ...

メンバーになる